プッシュ通知を追加してみた(その4)・・・Push7:Webプッシュ通知を送信

投稿日:2020/03/13 更新日:

Push7 Docs:Webプッシュ通知を送信
Push7 Docs:Webプッシュ通知を送信


前回でプッシュ通知に必要な「SDK導入」までは完了した・・・・・はず。

今回は本当にプッシュ通知が配信されるのかを確認してみる事にする。


プッシュ通知送信手順

Push7のダッシュボードから「一般通知」をクリック。

Push7:一般通知をクリック


遷移した画面の右端の「新規プッシュ通知」をクリック。

Push7:「新規プッシュ通知」をクリック

最低限の項目に入力して「送信」をクリック。

Push7:新規プッシュ通知を送信


送信後の画面を見る限り・・・・・

Push7:新規プッシュ通知送信後


無事送信できた模様。


確認する

結論から言うと、通知は来ない。

PC,スマホのそれぞれで Firefox と Chrome を試したが来ない。

プライベート・ウィンドウでも来ない。

ダッシュボードに接続しているIPアドレスには配信しないようになっているのかも知れないので、Push7 を開いているブラウザを終了したり、買い物ついでにコンビニWi-fi を使ってみたがだめだった。

なぜ来ないのかをつらつら考え、至った答えは実に単純で・・・・・

購読していないから通知が来ない

ただそれだけの事だった。


勘違い

某が想定していたプッシュ通知とは

  1. 未購読の人がページを開く
  2. 「通知を購読しますか?」と問い合わせるポップアップが表示される
  3. 「購読する」で手続き完了
  4. 以後、購読者に通知が届く

という一連の流れ全てがそれに該当するものであった。

そうなのだ。

通知を送信すると「1」,「2」も自動でやってくれるものと勘違いしていたのだ。

先ほどの送信手順は「4」の、購読者に向けた通知を送信する事であったのだ。


まだまだ続く

という訳で、通知を送るにはまずは購読をしてもらわなければならない事がわかった。

これまでネット上で実際に見て、わかっている方法としては

  • 「ボタン(購読ボタン)」を設置する
  • 「BOX(購読を促すポップアップ表示)」を導入する

のいずれかであるが・・・・・。

自分のアホさ加減に脱力気味のため、今回はここまでである。

-ブログいじり
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日のタピアン(2020/01/26)

これからの予定を少し

今日のタピアン(2020/01/26) 天気も悪いし寒いので今日は一日、家でダラダラ過ごす予定。 朝食の後、風呂に浸かりながらメールとSNSをチェック。 さっぱりしたところでPCの電源を入れて、rad …

歩く人

プッシュ通知を追加してみた(その5)・・・Push7:SDK導入に戻る事を決めた話

歩く人 前回からの続き。 現状のままでもプッシュ通知できるか否かを確認するだけなら、ページのどこかに購読ボタンを付けて自分で購読してみるのが一番の早道。 ・・・なんだろうなと思いつつ、改めてPush7 …

PUSH7:改良版プラグインによるプッシュ通知

PUSH7 プラグイン改良版

PUSH7:改良版プラグインによるプッシュ通知 某がPUSH7 を使っていてこれまで感じたメリットは大きく2つ。 ひとつは日本産のサービスなので全て日本語で事足りること。 もうひとつは記事公開と同時に …

STINGER 8:PREV, NEXT テーブルタグ追加後の状態

STINGER 8:PREV, NEXT(前のページ、次のページ) の表示を横並びにしてみた。

STINGER 8:PREV, NEXT テーブルタグ追加後の状態 さて、前回は気になっていた「PREV、NEXT」の表示位置を執筆者とコメントの間に移動したところまで進めてみたわけだが・・・・・。 …

Push7:トップページ

プッシュ通知を追加してみた(その1)・・・Push7:会員登録手順

Push7:トップページ これからの予定を少しで記事30件越えたら追加するつもりだった機能。 いろいろ考えて日本語マニュアルのあるPush7で実装することにしました。 ■Push7:公式ページhttp …

プロフィール・・・?

▼プロフィール・・・?

「楽しもうとしないヤツの人生なんて楽しくないに決まってるだろ?」
・・・という事実に気づいて以来、いろいろと少しづつ生活を変えてる真っ最中。
某の駄文、楽しんでいただけたら幸い也。