プッシュ通知を追加してみた(その4)・・・Push7:Webプッシュ通知を送信

投稿日:2020/03/13 更新日:

Push7 Docs:Webプッシュ通知を送信
Push7 Docs:Webプッシュ通知を送信


前回でプッシュ通知に必要な「SDK導入」までは完了した・・・・・はず。

今回は本当にプッシュ通知が配信されるのかを確認してみる事にする。


プッシュ通知送信手順

Push7のダッシュボードから「一般通知」をクリック。

Push7:一般通知をクリック


遷移した画面の右端の「新規プッシュ通知」をクリック。

Push7:「新規プッシュ通知」をクリック

最低限の項目に入力して「送信」をクリック。

Push7:新規プッシュ通知を送信


送信後の画面を見る限り・・・・・

Push7:新規プッシュ通知送信後


無事送信できた模様。


確認する

結論から言うと、通知は来ない。

PC,スマホのそれぞれで Firefox と Chrome を試したが来ない。

プライベート・ウィンドウでも来ない。

ダッシュボードに接続しているIPアドレスには配信しないようになっているのかも知れないので、Push7 を開いているブラウザを終了したり、買い物ついでにコンビニWi-fi を使ってみたがだめだった。

なぜ来ないのかをつらつら考え、至った答えは実に単純で・・・・・

購読していないから通知が来ない

ただそれだけの事だった。


勘違い

某が想定していたプッシュ通知とは

  1. 未購読の人がページを開く
  2. 「通知を購読しますか?」と問い合わせるポップアップが表示される
  3. 「購読する」で手続き完了
  4. 以後、購読者に通知が届く

という一連の流れ全てがそれに該当するものであった。

そうなのだ。

通知を送信すると「1」,「2」も自動でやってくれるものと勘違いしていたのだ。

先ほどの送信手順は「4」の、購読者に向けた通知を送信する事であったのだ。


まだまだ続く

という訳で、通知を送るにはまずは購読をしてもらわなければならない事がわかった。

これまでネット上で実際に見て、わかっている方法としては

  • 「ボタン(購読ボタン)」を設置する
  • 「BOX(購読を促すポップアップ表示)」を導入する

のいずれかであるが・・・・・。

自分のアホさ加減に脱力気味のため、今回はここまでである。

-ブログいじり
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフィリエイト

Google AdSense にチャレンジしてみた

アフィリエイト 何も考えず中途半端な状態でスタート切った感のあるこのブログではあるが 記事が10件書けたらやろうと思った事をいくつか設定してあのタイミングでの公開に踏み切っていたりする。 少し前の「P …

プッシュ通知が届いた!

プッシュ通知を追加してみた(その7)・・・Push7:プッシュ通知の動作確認

プッシュ通知が届いた! 紆余曲折を経て前回ようやく Push7 の導入完了。 いよいよ、動作確認に 果たして今回で決着なるか? それともまだまだ続くのか? 期待と不安の入り混じる中、「てててのて」を開 …

STINGER 8:PREV, NEXT 今回手直し後の状態

STINGER 8:PREV, NEXT(前のページ、次のページ) の表示を調整してみた。

STINGER 8:PREV, NEXT 今回手直し後の状態 前回、 見かけは少々いびつながら一応は「PREV」「NEXT」を横並びにすることができました。 今回は、この微妙におかしな表示を修正して、 …

STINGER 8:PREV, NEXT テーブルタグ追加後の状態

STINGER 8:PREV, NEXT(前のページ、次のページ) の表示を横並びにしてみた。

STINGER 8:PREV, NEXT テーブルタグ追加後の状態 さて、前回は気になっていた「PREV、NEXT」の表示位置を執筆者とコメントの間に移動したところまで進めてみたわけだが・・・・・。 …

Push7:「Nativeを導入」に進む

プッシュ通知を追加してみた(その6)・・・Push7:改めてSDK導入手順

Push7:「Nativeを導入」に進む 前書き 「その3」の時は説明をはしょったが、今回も Push7 とWordPressの画面を何度か行き来するので、あらかじめ二つの画面をタブで開いておく事に。 …

プロフィール・・・?

▼プロフィール・・・?

「楽しもうとしないヤツの人生なんて楽しくないに決まってるだろ?」
・・・という事実に気づいて以来、いろいろと少しづつ生活を変えてる真っ最中。
某の駄文、楽しんでいただけたら幸い也。